デビットカードが使えない場所もある

普段の生活の中で、デビットカードが使えない場所があります。それがガソリンスタンドと高速料金の支払いです。その理由を説明します。

広告

支払いの仕組みに原因があります

いつもの買い物の場合

例えばスーパーで3000円分の買い物をするとします。レジでデビットカードを渡しましたが、どうやら口座には3000円入ってなかったようで、使えないと言われました。代わりに手持ちの現金で対応します。

このように、その段階で口座にいくら入っているかどうか、それがデビットカードで決済できるかできないかの分かれ道になります。

ガソリンスタンドの場合

車に普段乗られる方、ガソリンスタンドでクレジットカードで支払う方もおられるでしょう。店員さんがいる店舗ですと、まず初めに現金で払うか、クレジットカードで払うかを明確にしなければなりません。

これ、不思議ですよね。例えばコンビニで買い物にいくとき、ご飯を食べにいくとき、初めに支払い方法など聞かれませんからね。

ガソリンをセルフで入れる方も、現金の場合はガソリンを入れた後に現金を入れます。ですがクレジットカード支払いの場合は、先にクレジットカードを通してからガソリンをいれるのです。

これは、多くのガソリンスタンドがオフライン決済という手法をとっているからです。どういうことかというと、ガソリンスタンドでクレジットカードを使う場合は、その場でカード会社に支払いの請求が行くわけではなく、後日まとめて請求がいきます。ですが、デビットカードだと、後日請求が行ってしまっては、残金がわからず、もし足りなかったとき困ってしまいますよね。

そのため、たとえVISAやJCBといったクレジットカードが使えても、デビットカードは使えないのです。

高速道路の場合

高速道路の場合はどうでしょうか。実は、高速道路もガソリンスタンドと同じで、オフライン決済の方式を使っています。クレジットカード支払いの場合は、月に何回かまとめて請求がいくシステムになってます。

デビットカードタイプのETCカードが世の中に存在しないのも、このオフライン決済が原因でしょう。

デビットカードが使える場合もある

銀行がリスクをとるのかどうか

デビットカードが使える場合もあります。これは、ガソリンスタンドがどうかというより、デビットカード自体がどうかということです。システム的な問題でもなく、要するに銀行が残高不足になってしまった場合、リスクをとるかどうか、ということになります。

例えば楽天銀行JCBデビットカードや、セブン銀行デビットカードは、預金口座に1万円以上入っていればガソリンスタンドでの利用が可能になります。また、回数限定で使えるところもあるようです。

万が一、引き落としの際に残高が少なければ、すぐに入金の案内が届きます。もし入金しなかったら預金口座やデビットカードが使えなくなる可能性もあるので、注意してください。

今後どうなる?

オフライン決済は、山岳部などネットワークがつながりにくい場所でも、安心してクレジットカードが使えるシステムでもあり、この決済方法がなくなるとは考えにくいです。また、銀行がリスクを取り、オフライン決済でもデビットカードを使えるようにするというのも、やや考えにくいですね。ただ、預金残高でユーザーにランクの差をつけて、預金残高がいくら以上であればサービス内容が拡大するという可能性はあるかもしれないですね。

広告