デビットカードの歴史

広告

デビットカードの起源は小切手?

その昔、クレジットカードがこんなにも普及する前の時代、ヨーロッパでは小切手での支払いが多く行われていました。よくアニメや映画などで登場する小切手ですが、現在はあまり使われなくなりました。この小切手のシステムこそが、デビットカードの起源ともいわれています。

日本ではJ-Debitが初のデビットカード

日本でデビットカードが登場したのは、1999年のことです。クレジットカードが日本に登場したのは1960年、マルイが作ったものが初といわれているので、それに比べるとだいぶ最近ですね。

欧米や中国では、新しい決算方法としてデビットカードでの支払いがメジャーになりつつあります。日本ではそれに比べると遅れをとっています。しかし、インターネットの普及とともに、買い物の仕方も多種多様な方法がとられるようになりました。クレジットカードはインターネットととても相性がいいのですが、今後、クレジットカードを持てない人でも簡単に持つことができるデビットカードの需要がますます高まってくると予想されます。

広告