Apple Payをデビットカードで使う裏技

iPhoneかAPPLE WATCHがあれば簡単に買い物ができるApple Pay。日本では2016年にサービスが開始されました。Apple Payにクレジットカードを登録して使います。しかし、残念ながらデビットカードは登録することができないのです。

そこで、今回はデビットカードでもApple Payを使うための裏技を紹介します。

モバイルSuicaで解決

デビットカードでApple Payを使う方法は、今のところモバイルSuicaを使う方法以外にはありません。

実は、Apple PayはモバイルSuicaを紐づけることができます。Apple Payで支払ってるようで、実はモバイルSuicaから引き落とされる感じですね。

モバイルSuicaはデビットカードと紐づけることができます。

デビットカードでSuicaを使うなら、絶対おすすめの1枚

つまり、

デビットカード→モバイルSuica→Apple Pay

というお金の流れになるのです。ちょっとややこしいかもしれないですけど、この方法ならApple Payをデビットカードで支払うことができるのです。

この裏技の注意点

モバイルSuicaの残高がなくなってしまったら支払うことができなくなります。そのため、モバイルSuicaアプリを使ってチャージするなど、対応しなければなりません。どちらかというと、プリペイドカードみたいな使い方になりますね。

お金の使い過ぎを抑制したい人にとっても、便利な使い方ができるかもしれないですね。デビットカードですと、預金残高がある分だけ使ってしまいますからね。